相続の内容を変更できる場合

相続の内容を変更できる場合

相続の内容を変更できる場合 相続人同士が話し合い、遺産分割協議書を作成すれば基本的にその内容を遵守しなければいけません。たとえ誰かが相続の内容に不満を口にしたとしても、一度合意した以上は覆りません。
しかし、時に変更できることがあります。それは、遺産が新たに出てきたときです。誰かが故意に遺産を隠していたり、発見された遺産の額が大きいときには、最初の合意内容では不公平になるかもしれません。ですからもう一度遺産分割協議を行います。
その際の問題は、いったんは決まった相続の内容に基づいて、すでに名義変更の手続きをした不動産や債権があることです。
それは最初の遺産分割協議が無効だったという話でない限りは所有権が変わりません。そうなると、遺産が当初に決めた人とは別の人の手に渡るとき、譲渡という形になり所得税・贈与税が発生します。
さらに新たに見つかった遺産に対しても、相続税が課せられますから修正申告をする必要があります。
やむを得ない事情であったとしても追徴課税や延滞税も納めなければいけません。

相続発生を知った日とは通常は死亡日を指すが特定のケースでは違う日になる

相続発生を知った日とは通常は死亡日を指すが特定のケースでは違う日になる 相続税の申告・納税や遺留分減殺請求など、相続にかかわる手続きで期限が決まっているものの多くは「相続が発生したことを知った日」が起算日となります。
通常は、この起算日は死亡日と一致します。人が亡くなると、最期を看取った人や入院先の医療機関から連絡がきて、そのときに死亡した事実を知ることになるからです。
しかし、特定のケースでは亡くなった日以外の日が起算日となる場合があります。例えば、長期にわたって行方知れずになっているある親族について裁判所から失踪宣告を受けたときは、その親族は決定が確定した日以降は亡くなったものとして扱うことができるようになり、相続手続きを開始することが可能になります。
また、災害や事故にあって死亡した可能性が高いが、遺体が発見されずに確認ができない場合は、官公署が死亡したと認定し、戸籍にそれが記載されたことを知った日を起算日とします。
これらのケースに遭遇することは極めて稀ですが、死亡日以外が発生を知った日となりうるケースがあるのは知っておくと良いです。

「相続 変更」
に関連するツイート
Twitter

経堂司法書士事務所の相続登記サポートでは、遺産分割協議書の作成も料金内に含まれております! 相続が発生して名義変更をしなくてはいけない、何から始めたらいいの?遺産分割協議書って…? 無料相談も実施しております。まずはお気軽にご相談くださいね(*‘ω‘ *)


Warning: Undefined array key 1 in /home/kir238485/public_html/arredo-piscine.com/inc/twitter.php on line 23

Warning: Trying to access array offset on value of type null in /home/kir238485/public_html/arredo-piscine.com/inc/twitter.php on line 23

【自分の事】 コロナ禍総合支援金返済 自分が世帯主になったから、返済免除 コールセンターに1月末連絡ずみ ほっといたらいいと言われた! なんかあれば携帯までかけるらしい! 後自賠責  相続母親の生命保険など 家の登記変更 確定申告 自転車買ってもいいんかな?わからん


Warning: Undefined array key 2 in /home/kir238485/public_html/arredo-piscine.com/inc/twitter.php on line 23

Warning: Trying to access array offset on value of type null in /home/kir238485/public_html/arredo-piscine.com/inc/twitter.php on line 23

法定相続一覧図の次は登記簿の名義変更チャレンジ。


Warning: Undefined array key 3 in /home/kir238485/public_html/arredo-piscine.com/inc/twitter.php on line 23

Warning: Trying to access array offset on value of type null in /home/kir238485/public_html/arredo-piscine.com/inc/twitter.php on line 23

4月1日より相続登記が義務化さるっつうことで父が亡くなってからそのままだった家と土地の相続を自分の名義にすべく先週から動いている。(てっきり亡くなった時に母名義に変更したと思ってた)


Warning: Undefined array key 4 in /home/kir238485/public_html/arredo-piscine.com/inc/twitter.php on line 23

Warning: Trying to access array offset on value of type null in /home/kir238485/public_html/arredo-piscine.com/inc/twitter.php on line 23

返信先:ついでに、おうちのでんわ、契約者が亡くなったなどで相続した場合でも契約者の名義変更が出来ないのが痛い。 Softbankの携帯電話契約では名義変更可能なのに。 かれこれ我が家では日本テレコム時代から固定電話で愛用してるのでSoftbankさん、固定電話サービス、もっと頑張ってくれー!!